読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古くて新しい東京港区界隈

港区と言うイメージとは少し違った庶民的な港区界隈のご紹介。神社仏閣や老舗のお店や新しいお店も。

昭和天皇ご贔屓の豆大福

和菓子好きの間では東京三大豆大福というランキングがあるそうで、今回は見事ランクインしている港区高輪にある松島屋さんのご紹介。

ここは、旧高松宮邸のご近所にあるので皇太子時代に住んでいた昭和天皇もずっとご贔屓だったそう。

昔ながらの和菓子屋さんという至ってシンプルな佇まいの店舗兼作業場で職人さん達が一つずつ手作り。開店は8時半からですが豆大福は早いとお昼前には売り切れてしまうのでご注意を。私も以前14時頃に買いに行ったら見事に完売。それ以来、豆大福を買いに行く時は遅くとも11時前には買いに行くように心掛けています。

ただし、予約も受けてくれるそうなので朝早く行けない方はお店に電話してみてください。豆大福以外にも各種お団子もありますが、所謂季節の和菓子は扱わず豆大福一筋。

 

この松島屋さん、通年の豆大福だけでなく秋から期間限定の栗蒸し羊羹もお勧め。

ちょうど、お歳暮の時期にもかかるのでお歳暮として毎年贈る方も多いそう。こちらも予約は必須。

私は来店予約で羊羹1本を一か月待ちしました(笑)お店の方の話しぶりだと一本以上だと、更に時間かかる場合もあるそうです。

羊羹1本でもずっしりとした重さで、栗も丸々1個がたくさんぎっしり入っています。羊羹自体の味も甘すぎないので甘いものが苦手な方でも食べれて、このボリュームなら贈答用で喜ばれます。栗蒸し羊羹好きの方や、1か月以上待っても問題無い方は是非一度お試しあれ。こちらは宅配便でも送ってくれますよ。