読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古くて新しい東京港区界隈

港区と言うイメージとは少し違った庶民的な港区界隈のご紹介。神社仏閣や老舗のお店や新しいお店も。

Q1、港区と言えば、どんなイメージ?

「東京都港区」と聞くと、どんなイメージがわいてくるだろうか?

 

多くの会社の本社や複数のTV局、おかげで港区の税収は潤沢。

物価が高く走る車は高級車、所謂セレブな高級住宅街を犬連れが歩く。

有名ホテルやデート向きのお洒落なレストランが多数あり、各国の大使館の密集地、

東京のシンボルと言われている東京タワーに六本木ヒルズやミッドタウン等。

 

一昔前の山手線ゲームのお題にしたら、余裕で続きそうな気がする(笑)

 

更に港区は最新もスポットと古き良きスポットが混在している街。

町の雰囲気もそれぞれ個性があり面白いと思う。

例をあげれば青山、新橋、高輪、白金、麻布十番など。

どの街も個性がハッキリしていると私は思う。

ちなみに私は、以前赤坂に住んでいたことがあり現在は高輪で仕事をしている。

住んでみて、勤めてみて、遊びに行って、それぞれ違った個性がある港区を少しずつ勝手に紹介していく。

住んでみて感じたのは、意外と物価が安い。勿論、私の実家の東京の某市やテレビで紹介される激安店に比べては高い。ただし、港区という高めの家賃代が上乗せされてると考れば異常に高いとは思わない。

コンビニよりは割安だし、お店によっては薄利多売スタイルだなと感じることも。

お店も明治屋紀伊国屋に代表される高級スーパーから、ナショナル麻布や日進などの外人さん向けの母国の食材が買えるお店、麻布十番商店街などの昔から地元民に愛されている場所など。スーパーだけでも、色々あるので面白い。